カバー

サイズ感が違うこと

今までと形が変わる

イヤホン

アイフォン6といえば最新機種となりますが、大きさや2種類のサイズがありそれぞれ販売されています。サイズが違うとなればカバーケースも変わってくることになります。使う機種によって選ばなければならないです。形は大きいことと、薄く丸みがあることが特徴としてあげられます。薄い分落下したときに衝撃が強く与えられてしまうことになってしまいます。アイフォン6は機種の中でも一番頑丈とされていますが、やはりしっかりとした防護対策はしてきたいものです。カバーはハード型からシリコンまで幅広くあります。仕事で使う人は手帳型の物を使うとメモ用紙やペンも一緒にケースに入れておくことができます。カバーの種類によって使う用途が異なってきます。

使い方

アイフォン6カバーは2つの種類があるため、商品購入時には間違えないように選んでほしいと思います。また、ケースを使っていると脆くなってくることがあります。角が欠けてしまったりすることがあります。そうなると服に引っかかってしまったりしてしまいます。そうならないように使う時は気を付けてもらえればと思います。長いこと使っていると壊れてしまうこともあります。そんな時は予備というわけではないですが、他のカバーを購入してくことを勧めます。アイフォン6以外でもケースはいくらあっても着せ替えできることが最大の特徴なのでファッション感覚で楽しめるはずです。使っている素材やデザインによって値段が変わることを知っておいてほしいと思います。